ビットコインとはなにか?

“ビットコイン” あるいは “仮想通貨” という言葉はほとんどの人が耳にしたことがあるでしょう. しかし, 具体的にどういうものなのか理解している人はまだ少ないと思います. 多くの人が, 例えば “仮想通貨 = 投機の対象” などというイメージを持っているのではないでしょうか? そこで, 今回は ”仮想通貨 = 実際に利用できるお金” について, 今までのお金の仕組みとの違いを説明したいと思います. 今回の記事の目的は本質的な仕組みの違いについて理解することですので, 技術的な要素は最小限に抑えたいと思います.

仮想通貨について説明する前に, まずは現金とスマホなどで一般的に使える電子マネーの違いについて説明したいと思います. この違いは仮想通貨を理解する上で重要になります.
お金の仕組みにおいて, “所持金以上のお金は使えない” という重要な性質があります. 元々1000円持っているAさんは2000円のお肉は買えません. 現金を利用する際には, 偽札は存在しないという暗黙の仮定によってこれを達成しています. つまり, 現金そのものがAさんが1000円を所持していることの証明になり, その証明書を店に渡すことで, 間接的にAさんの所持金が減り, 店の所持金が増えていることになります.
しかしこの方法は, インターネット上で買い物をする際には使えません. なぜなら電子的な情報は簡単にコピーできてしまい何度も使えてしまうからです. そこで電子マネーでは, 実際にAさんが1000円持っているかどうか, 毎回お店がインターネットを通じて電子マネーを管理している会社に問い合わせています. そしてその会社がAさんの所持金額を減らし, 店側の所持金額を増やすことでその1000円は一度しか使えないことを保証しています.

ここで重要なのが, Aさんお店側も電子マネーを管理している会社を完全に信用しているということです. 全員の所持金額を管理/操作することができるのはこの会社だけで, この会社が間違えて, あるいは故意にAさんの所持金額を増やしたり減らしたりしたら, お金の仕組みが崩壊してしまいます. このような中央集権的な存在無しに, 電子マネーのような仕組みを実現しようとしているのが仮想通貨です. ビットコインでは, 世界中の個人, 会社がインターネット上で繋がり, 全員の所持金額を正しく管理/操作して“所持金以上のお金は使えない”というお金としての重要な仕組みを保っています.